8月15日終戦記念日

今日は8月15日終戦記念日、

ある入居者様にお話をお伺いすると、大東亜戦争(高齢者の方はこう言われます)の時

空襲警報がなり、当初は下の子を背負い、上の子の手を引いて急いで防空壕に逃げ込んでいたが、

終戦間際は、肝がすわり「死ぬ時は死ぬ」と慌てず防空壕に入っていたとの事。

終戦後しばらくして、電灯が灯った時「電灯ってこんなに明るかったか」と感動し涙が

出たとしみじみ仰ってました。

又、今の新型コロナウイルスは、息を殺して生活しなくてはならなくて、戦時中に似ており、

戦時中はB29や爆弾が見えていたが、今のコロナは見えないから怖いと仰ってました。

ある意味今回のコロナウイルスは、世界中でたくさんの方が感染し、この宗像にも

攻めてきていますので、75年前の戦時中と同じで世界中で総力戦の様相です。

皆さんと一致協力して何とか打ち勝っていきたいものです。          佐藤